2009年09月29日

design thinking



jeffjapan at 00:04コメント(0)トラックバック(0)InnovationIdeas 

2009年09月25日

米国でのブランドDTC

夏休みを過ごした米国から戻ってきました。向こうで見た薬剤のCMの話をしたいと思います。今回はあまりテレビの前でゴロゴロせず、外で子どもと遊ぶ時間を多く取ったつもりなのですが、テレビをつけるたびに連続して流れてくるもので、見るつもりはなくても何十回と目に入り、しっかり記憶してしまいました。

中でも多く見られたのが次の三つのブランドです。

Plavix 虚血性脳血管障害後の再発防止のメッセージを表現するCMですが、ゴルフをしている女性が病院のストレッチャーに追いかけられているシーン。「Plavixを飲み続けないと入院しなくてはならないよ」という分かりやすいメッセージですね。1分15秒の中身ですが、よく見て下さい。最初の28秒、それから最後の6秒(合計34秒)はPlavixの良さについて述べられていますが、残りの41秒(半分以上)はずっと安全情報(副作用、禁忌の警報など)となっています。その分、テレビ局は割引していないでしょう。このCMは高い買い物かもしれません。

Lunesta 今まで派手にDTCプログラムを実行していたSepracor社。大日本住友に製薬に買収されましたが、続けて年間300億円以上の広告宣伝費を投資するつもりなのでしょうか。これまでも患者様に試用してもらうために、戦術としてクーポンを利用した"7-Day Free Trial Offer"(7日間無料トライアル)をやってきましたが、最近では薬局で co-payment(負担額)を免除するような loyalty card も発行しているそうです。(詳細はLunestaのホームページでご覧ください。)一月の処方に対し50ドルまで、年間600ドルまでのディスカウントを得られるようなシステムです。大日本住友がこれらのアプローチをやめたら、売上はどのように変わってくるか、興味深いテストケースです。

Abilify 大塚製薬とBMSによるブロックバスター薬剤。統合失調症及び双極儀疹祿欧紡个垢觚果で大変大きくなりましたが、2007年末に米国で追加適応症の承認を得、新しい成長分野を見つけました。新CMでは、既にうつ病の薬を服薬しているが効果が不十分だと感じる患者向けに「ドクターにABILIFYの追加併用について相談してみて下さい」というメッセージを伝えています。LexaproでもZoloftでもProzacでもEffexor XRでもPaxil CRでも、併用実績及びエビデンスがありますよというメッセージもきっちりと伝えています。

最近のレポートによれば、米国の製薬業界ではようやくこのDTCプログラムの効果及び社会的なインパクトを見直しているようです。オバマ大統領がヘルスケアの改革を狙っていることも背景にあるかも知れません。いずれにしても、私は too much だと思っています。上記のようなブランドDTCは、何らかの形で抑えてもらいたいものだと個人的には思います。



jeffjapan at 11:19コメント(4)トラックバック(0)Pharma/HealthcareMarketing 

2009年09月11日

sloppy sing air service?

I just got back from an assignment in Singapore. I usually enjoy travelling there because it gives me a chance to fly with my favorite, Singapore Airlines. And this time my level of anticipation was even higher - my first opportunity to fly the massive Airbus 380, business class.

Wow. What a disappointment.

SingAir has strongly hyped the fact that they were the first to fly the newest generation of aircraft - but on the implementation level, they are letting their new toy get in the way of their traditional strength in service quality.

I know Singapore Airlines as the space where they make you feel like a king. The moment the attendants turn their focus to you, you become the most important person in their world. Consistently and delightfully. Taking the time for a smile. Remembering what was in your glass without you having to remind them. And just magically appearing at the right time, whenever you have a wish or a whim.

I think the 380 has knocked them off their game. This time all the attendants (on both outward and return legs) seemed consistently rushed. Didn't get greeted in my seat or offered a drink until I asked for one 10 minutes after sitting down (all passengers on the other aisle side were full - where's my magic first impression!?). Received almost every possible combination of a water refill (with gas, still, lemon, no lemon, ice, no ice) where in the past it was right on every time. Very few quick eye contacts and smiles on the walk-bys (maybe because I was two rows from the back in that massive cabin each time). Didn't even get the headphones passed out until after all the in-flight programming had started. And as an added bonus, an air-conditioning mishap on the return flight which kept us in the cabin in what must have been 35+ degree C heat for 30 minutes before the main engines came on.  

I'm no prima donna customer, but I noticed all these things, and even heard others moaning and groaning in the immigration lines on both ends of the trip.

Just goes to show that even the best companies can lose their customer service focus and execution. Hopefully not for long...

Singapore Airlines - please work this out! Get the magic back, or the 380 is just going to become known as the cattle car that you couldn't manage right! (Think of a 1,000 room "5-star" hotel for the best analogy about where you don't want to take this one.)

 

 

   



jeffjapan at 13:27コメント(0)トラックバック(0)ManagementMarketing 
記事検索