Strategy

2010年05月24日

関西ブランディング

先日、久し振りに関西で講演する機会がありました。特許業務法人三枝国際特許事務所の主催するイベントで、約130名の方々が集まりました。知的財産関連の仕事をされている皆様ですので、会場に到着する直前まで少々不安がありました。(まじめでちょっと静かなタイプの人が多いだろうから、私の軽い話に十分に乗って聞いてくれるかな?)が、先入観とは違い、ずいぶんと盛り上がりました。5月なのに外気温が27度まで上がっていたせいなのか、関西人の特性なのかは、分かりませんが・・・。いずれにしても非常に熱心に聞いてくれましたし、終わった後何人かと名刺交換をしながらかなり深い話ができたことを嬉しく思いました。

 

講演のメーンテーマはブランディングです。知的財産を管理する方々を対象にした内容は、『商標を取るだけでは付加価値は作り上げられない』『組織の従業員全体が企業や製品ブランドの意味合いを良く理解し、日々の業務で徹底させなければいけない』というメッセージに絞りました。帰りの新幹線で窓の外の看板を見ながら、「あ、ここが出来ていないな、そこが弱いな」と思いながら、講演で使った事例以外の(次のスピーチで使えるような)材料を探しました。B2B(企業間取引)の事例としては、いつも新幹線の車両内に出しているYAZAKIの広告が良かったと思います。今回のシリーズは「見えないけど、頑張るエコ。見えないから、頑張るエコ。」がキーワードで、車の分解図表のなかで、自分の部品を目立つオレンジ色でハイライトし、「エコカーの燃費向上にむけ、コツコツと努力しています」というメッセージを非常に強く感じました。最近のソーシャルメディアのトレンド、「個人の努力も大事だよ」というフィーリングをうまくつかんでいると思います。

 

しかしブランドの徹底度合いではなんといっても負けないのが、数少ない一流の消費者向け(B2C)企業。先日、製薬業界の友人からこんな話を聞きました。とある注射デバイスを小児科向けの適応症で使うプロジェクトがあり、子供たちがより安心して使えるようにキャラクターのイメージをライセンスして載せたい。オプション第一位はディズニーで、「くまのプーさん」の担当窓口に話を申し込んだようです。しかし返事は「うちのプーちゃんは病気しません」ということで、使用はNG。なるほど。何にでもライセンスOKのHELLO KITTYとは違ったようでした。ライセンス貸与がお金になるのは間違いありませんが、ブランドイメージは大切にしなくてはいけないのですね。



jeffjapan at 23:16コメント(0)トラックバック(0) 

2010年02月06日

asashoryu and the future of japan

Sumo grand champion Asashoryu's sudden retirement was a real

downer for me, as it reminded me of many things I don't

particularly like about Japan. As a foreign rikishi, he surely

had to go through a lot before achieving the success he did. I

can easily imagine his loneliness during those long days of

training, his frustrations at not easily understanding or

being understood by his colleagues and peers, his bewilderment

that certain things that he considered unimportant were seemingly 

blown out of proportion by everyone around him...

 

Of course, it would be an overstatement to say that Asashoryu

Was "driven out"of sumo by some shadowy cabal that can't stand

the idea that for many years the top ranks of sumo have been

dominated by non-Japanese wrestlers. His behavior has long been

controversial here, and as a matter of principle it is important

for any foreign guest in any country to play by the law of the

land – so in large part his stepping down was just the logical

result of his earlier actions.

 

But coming from the US, where our famous athletes REALLY know

how to get in trouble - from shooting themselves in the leg at a

nightclub and brandishing firearms in the clubhouse pre-game

locker room to jumping into the stands to fight fans on a semi-

regular basis - Asashoryu's transgressions seem tame at best. At

the end of the day, the expectations of society became too heavy

for him, so he stepped down just when his rivalry with Hakuho was

heating up and sumo was developing a compelling storyline that

might have helped revitalize the sport.

 

From my own perspective, this reminds me of cases I see in Japan

business too often. An established group is threatened with a 

looming crisis (as with the sumo world, this can often be

summarized as "shrinking domestic business"). They have some

emerging yet controversial potential strength at hand (an

exciting yet scandal-prone yokozuna, a technology proven in

the local market yet untested overseas, or the untapped

resources of young women that could be used to develop new-

look business models in their company). But leveraging this

new strength would require wholesale changes in their group or

corporate culture and leadership styles. Instead of making a

move, they dither and dather, trying to hold on to the status

quo and praying for the emergence of the next Takanohana /

Wakanohana Japanese-born sumo pair, a rebound in the yen-dollar

exchange rate, the next blockbuster drug, or whatever other

magic they might need. Of course, that doesn't come to pass,

and by then that potential strength is long gone. 

 

Think JAL's top management with blinders on over the last decade.

Think Japanese government and industry's need for innovative

entrepreneurship and the way they absolutely decimated any

possibility that risk-taking would improve by excoriating

Horiemon & Livedoor several years ago. Think any pharma company

that clearly recognizes that young female MR's are outstanding

performers but haven't made the real effort needed to give them

a career path and retain them past the age of 30 (less than 1%

of the sales managers I meet in that industry here are women). 

 

I really hope that Japan as a whole will find a way to avoid a

fast slide into an age of irrelevance. Many people just write

this type of problem off to the seniority system and expect that

things will do a 180 once the "dankai" generation filters out

of action through age attrition. But I think there is more to

it than that. As a whole, the culture needs to adapt to better

support outliers like Asashoryu, problematic as they might be.

All in all he did a really good job at fitting in. His Japanese

is excellent. His interviews were a bit edgy, but never

ridiculous. His dohyo entrances were done with dignity and

style, even as his pre-bout preparation was borderline manic.

More than anything, he performed, and people appreciated what

He had to offer. It is a shame that they couldn't find a way to

keep him where he belongs – in the dohyo.

 



jeffjapan at 17:16コメント(0)トラックバック(0) 

2009年11月24日

CSR in pharma

先日、kazuaki-sanに下記の質問を投稿していただきました。

 

「いつも拝見させていただいてます。日本での医療用医薬品のブランディングについて質問です。海外では医薬品のブランディングをCSRを補完するために利用しているようにおもえるのですが、日本ではまだまだのような気がします。日本市場で医薬品のブランディングがCSRを補完できるようになるためには何が一番必要だと考えますか?ご意見をお願いします。」

 

 まずは、ありがとうございました!特にファーマ業界におけるCorporate Social Responsibility(CSR)の活動について、考えたことはありませんでしたが、個人的な意見を書いてみます。

 

CSRを補完するために医薬品のフランディングというのが、企業名及び企業の社会貢献的な活動を広く知らせて、認知度及び信頼度を向上させるためのの広告宣伝活動を理解しています。

 

海外(私個人が一番しっているのがアメリカですが)ではファーマ企業の評判が非常に悪くて、どの世論調査をみてもタバコ産業と肩を並べるように悪く評価されています。理由は儲かりすぎ、DTCのやりすぎ(この間の出張で小児ADHDの啓蒙広告までみた)、 Free Lunchesをベースに考えたポロモーション活動などなどあります。最近医療制度に関する不満、それからMichael MooreのSickoのようなメディアも更に悪化させている。

 

従って、industryとしてはある「悪魔」のように見られていますが、だからその他の産業グループと違うCSR活動をしているかどうかと言われてみれば、大きな違いを感じません。Science-baseの純粋な寄付金、foundation活動などを徹底的にやっていますが、INTELやMicrosoftもscience educationの活動をやっていますし、エコ関係などはどのメーカーでも、どこでもやっているような活動だと思います。

 

日本の場合は、製薬会社のイメージはどちらかというとよりよいです。大昔から、薬局からスタートしたケースも多いですので「物づくり」の伝統的な、神話的な存在でもあります。他産業よりも派手に儲かっている訳でもありませんし、ブランドDTCができませんのでdisease makerに見えません。

 

違いがあるとすれば、米国やヨーロッパでは保険会社や病院経営企業providers & payersに対する薬価設定の問題が大きいなビジネスドライバーですので、ロビー活動を通して医療経済的なメッセージを浸透としている活動が多いではないかと思います。

 

 



jeffjapan at 22:40コメント(0)トラックバック(0) 

2009年04月05日

医療・ファーマの将来とは

会計・コンサル会社のプライスウォーターハウスクーパース(PWC)が過去3年間に渡って出版したシリーズ「Pharma 2020」の最新版「Marketing the Future」というレポートを読みました。

慢性疾患の広がりとともに高まる財政問題、テクノロジーの進化による米国のe-prescribing(電子処方)やPHR(Personal Health Records、個人の病歴や服薬履歴などのデータ)のオンライン管理、海外のジェネリック採用促進事例などに関する情報盛り沢山このレポートを読むと、世界では医療システムそのものが大きく変革しようとしていることを感じます。

ファーマ業界で仕事をするマーケターなら必ず抑えておくべき内容ですが、製薬業界以外の方々にとってはちょっと興味が薄いテーマだと思われているかもしれません。でも、誰でも薬は飲むこともありますし、年をとればとるほど必ずお世話になる患者の一人として、どのような医療制度であって欲しいのか考えさせられることが多い内容でした。そのシステムの財源は個人が国に収める税金ですし。ぜひ読んでみることをお勧めします。

PWCの担当者に問い合わせたところ、残念ながら今回のレポートを日本語化する計画はないそうですが、英語のオリジナルを読みたい方は、ここにアクセスして下さい。

尚、Pharma2020シリーズの2007年度のレポート「ビジョン 〜岐路に立つ医薬品業界」なら日本語版PDFが簡単にダウンロードできます。ちょっと古い情報も含まれていますがが、大きなトレンドを把握するには有効な材料だと思います。どうぞここを見て下さい。
 



jeffjapan at 20:44コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索